スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓬莱鱛版 MOTHER3の気持ち。の箸休めで御座います。

 こんばんは、ホウライエソです。
ここ連日の降雨は台風の時にも似た強い風雨で御座いますね。
どうぞ、憂鬱になりがちな梅雨空の中でも御無事にお過ごし頂けます様。

 さて、今晩のスレッドでも御報告させて頂きましたが、
私用により本日と明後日の晩は誠に勝手ながらお休みを頂きたく思っております。
本日の週末、明後日の日曜日と「」さん皆様に御挨拶が出来無い事を申し訳無く思いますが、
くれぐれも「」さん皆様が無病息災且つ御安全にお過ごし頂ける二日間であります様。

 そして、今回はこれまで続けてきました「蓬莱鱛版 MOTHER3の気持ち。」の折り返しと致しまして、
一度本題から離れてみて、MOTHERに纏わる音楽観などに付いて触れてみようかと思います。
本来ならば、「MOTHER」、「MOTHER2」、「MOTHER3」と作品毎に沿って触れるべきなのでしょうが、
敢えて大まかに、一つの「MOTHER」として括った音楽観で述べて行こうかと思う次第で御座います。

 先ず、MOTHERの音楽と言えば、多くの「」さんがタイトル同様に強い思い入れを持ち、
未だに色褪せる事無く流れる音楽、「エイトメロディーズ」を思い浮かべる事かと存じます。
初代では祖先から伝わる愛の象徴として、2では「これまで歩んできたぼく」の力の象徴として、
ストーリー上でも一番無くてはならないとても重要な意味合いを持った御馴染みの曲であり、
多くの「」さんこと、「ぼく」の心の琴線に最も強く触れた曲では無いかと思われます。
何処か寂しげで、何処か愁いを秘め、何処か優しい気持ちになる八つのメロディーから為る曲。
残念ながら、MOTHER3のストーリー上ではそれに当たる物が御座いませんでしたが、
発売前から発表されていた「愛のテーマ」にその片鱗を見出せるのでは無いでしょうか。
正直、これまでの「エイトメロディーズ」には今一つ力及ばずと言った所が御座いますが、
話に深みを持たせる演出としましては、十分過ぎる程の良い曲なのでは無いかと思います。

 又、糸井氏の中では「エイトメロディーズ」は賛美歌であると言う明確な位置付けがありまして、
詳しくは糸井氏のサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」内の「MOTHERの音楽は鬼だった。」の中で、
事細かな説明がされておりますので、そちらを御覧頂ければお解かりになりますが、
宗教観や人生観など超えた所で誰かが「救われた」と思える様な曲を心掛けて創られたとの事です。
未だに多くの「」さんが覚えていらっしゃるこの曲が何処かの「」さんの心に平穏を取り戻し、
少しでも心が救われる切欠、少しでも心が強くなる切欠に役立っているのだとしたら、
本来の「エイトメロディーズ」と致しましても本望なのではないかなと思う次第で御座います。

 そして又、MOTHERと言えば「エイトメロディーズ」以外にも、「Pollyanna(I Believe In You)」、
「お兄さんのテーマ」、「ムーンサイドスウィング」、「Because I Love You」等の名曲が御座いますが、
これらの曲を御創りになられた鈴木慶一氏、田中宏和氏の持つ様々なジャンルの音楽遍歴の中、
これらが色濃く反映されながらも見事に統一された世界が作り上げられ、保たれていると言うのも、
数多いMOTHERの魅力の一つでもあり、多くの「」さん皆様の心を捉えている一つで御座いますね。
今でもMOTHERラジオを行う私自身と致しましても、その都度お聞きになられている「」さんと共に、
様々な想いが込められたレスを拝見しつつも、楽しい一時を過ごさせて頂いてる身で御座います。
改めましてMOTHERの数々の楽曲と言うのは、多くの「」さんの様々な思い入れが強く含まれた上で、
ゲーム自体を終えても未だに色褪せる事無く、只懐かしいと言う一言だけでは到底括れない、
多くの「ぼく」を通して見た数々の冒険の思い出なのでは無いか、とその様に思えてなりません。
流行廃りなど関係無く、いつでも変わらず楽しく聞けて、様々な力や想いを与えてくれる、
その様な見えない力が備わっているのがMOTHERの音楽の最大の魅力であると思うのと同時に、
今後も変わらずMOTHERの音楽を楽しく聴き続けて行ける事も幸せなのだと思う次第で御座います。

 さて、話は変わりまして、今回の余話を述べさせて頂く切欠が御座いまして、
MOTHER3が発売されてから数日経った頃でしょうか、MOTHER3を振り返って語るスレッドが立ち、
案の定、前作との比較の話になった中で、同時に全シリーズを含めた音楽の話になり、
その中で「総じてMOTHERはビートルズの匂いがする」と言う「」さんの1レスが元となりました。
この意見には常々私もそう思う事がありまして、強く同意しながらスレッドを拝見致しました。
今でもビートルズを聞くその都度、MOTHERの世界の情景を思い浮かべて想いを巡らせた物ですが、
MOTHERが好きで、未だビートルズをお聞きになった事が無いと言う「」さんがいらっしゃいましたら、
一度お聞き頂いてみて、MOTHERらしい独特の雰囲気を感じ取られてみては如何かと思います。
改めてこの様な事をお話しする切欠となりました「」さんには、心より御礼申し上げます。

 と、ざっくばらんに書き連ねたMOTHERの音楽観で御座いましたが、
又しても長文と乱文の他愛の無い語り口になってしまった感が御座いますね。
ここまでお付き合い下さいました「」さん、この度も誠に有難う御座いました。
何れは改めてこの話を深く掘り下げてみたく思いますが、一先ずはこの程度に留めておきましょう。
それでは今回はこの辺りで失礼致します、御機嫌よう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ホウライエソ

Author:ホウライエソ
御機嫌よう、ホウライエソで御座います。
漢字ですと蓬莱鱛、英語ですとViperfish、
学名でしたらChauliodus sloaniで御座います。
こちらを御覧になっている時間が、
「」さん皆様にとって良い時間になりましたら、
何より喜ばしく思います。

Xbox360 ゲーマータグ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最近の記事
月別アーカイブ
05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
最近のコメント
ひっそりとツイートで御座います。
Dynamic DO!.jp
リンク
当ブログは深海の一部故に隔たりなど御座いません。 どうぞ御自由にお越し頂ける様になさって下さいませ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。